私のナイトワーク体験記

細かいことは気にしていません

女性画像/キャバクラ嬢に対する偏見って結構きついなと思いますが、私ははっきり言って全く気にしていません。友達に今のアルバイトについて話すと絶対に危険だからやめた方が良いと言われるのですが、全くそんなことはありません。関内でキャバクラ求人を見つけ、体入する前までは少し危険なのかなという気持ちも残っていたかもしれませんが、体入してみてからは一切ビビることなく仕事ができています。今では一般職の求人なんて見向きもしないという感じですし、魅力も感じません。水商売の女性というのはかっこいいと自分でも思っていますし、若いうちにしっかりと貯蓄しておくのは大切だと感じています。他の求人を探していた時はどうやって将来に備えるのだろうかと思っていましたが、キャバクラを始めてからは一切不安がなくなりました。やっぱりお金があると心に余裕があると思いますし、他の人にも親切にできるような感じがします。あまり良いことではないのかもしれませんがそれが現実だと感じています。

不細工なキャバ嬢です!

正直言ってどちらかというと不細工なキャバクラ嬢になると思いますが、体入で入った時から男の人には好評だったので、自分に自信が持てました。求人に応募する時はかなり緊張していたし、採用されるとも思っていませんでした。とりあえず魅力的な求人だったのでチャレンジしてみようというぐらいの気持ちで、実際に長い間キャバクラで働くなんて想像もしていませんでした。周りの女の子はみんなすごくかわいらしいし、スタイルも抜群の女の子が多いのでちょっとドキドキしてしまう時もあるのですが、私も何度かランキング入りすることができています。いろいろなタイプの女の子に人気が集まるということで、美人だけが武器ではないということがわかりました。体入してくる女の子にはその話をしてあげて、とりあえずはトークスキルや愛嬌良くしておくことなど、ポイントとなることは伝授してあげているつもりです。今後もその辺はサポートしていってあげたいなと思っています。

後輩ができるほど長続き

キャバクラ嬢になってから後輩が結構できました。私が先輩になるなんて求人に応募した時は想像もつきませんでしたが、いつの間にかベテラン勢に入っています。キャバクラという職業柄、縦社会なので、後輩の面倒は私が見てあげることになります。体入してくる女の子や求人に応募してくる女の子にはなるべく優しくしてあげたいと思っています。私も正直言って最初に体入した時に優しくしてもらえなかったらキャバクラ嬢にはなっていなかったと思うし、今のようなポジションにはつけなかったと思っています。色々と大変な事はありますが、それよりももっと楽しい事もたくさんあるし、やりがいのある仕事なので、みんな頑張ってほしいなと思います。私ももっとお店のために売上をアップさせたいと思いますし、今後も頑張ってお客さんを集めていきたいと思います。私のバースデーイベントとかにも結構お客さんが来てくれるようになりましたので、今後もキープしていくのが目標です。